乾燥肌改善マニュアル



重い乾燥肌の症状

 

 

乾燥肌は、水分が不足してお肌が乾燥した状態のことを示しますが、これがさらに深刻な症状になることもあります。

 

 

ひとつは超乾燥肌という症状です。超乾燥肌というとあまり聞いたことがない人もいるかもしれませんが、これは乾燥肌の状態の中でも重度となった場合のことで、お肌に粉が吹いたようになったり、まるで強い日焼けで皮膚が剥がれたように見える状態になります。

 

 

これは普段から乾燥肌気味な人が、その状態で冬の乾燥した季節に移るとなってしまうことが多いようです。

 

 

もともと乾燥肌は痒みを伴いますが、超乾燥肌での辛さはより強く、時にはそれが痛みを伴う場合もあるので大変です。

 

 

超乾燥肌では、洗顔と入浴について正しい方法を実践するのが非常に大切で、最低それを実践しないと症状はもっと悪化する可能性があります。

 

 

もうひとつは乾燥性敏感肌で、これはその名の通り、乾燥を原因とする敏感肌の症状です。もともと健康なお肌の水分は角質層で蓄えられ、前述の皮脂膜という天然の保湿材機能によって保たれているのですが、これが不足して引き起こされる乾燥肌は、外部からの刺激に対してもかなり弱い状態となっています。

 

 

これは炎症を起こしやすかったりする刺激に過敏な敏感肌になってしまうことがあり、場合によってはアトピー性皮膚炎の原因にもなりかねないので、やはりお肌のケアは非常に大切だということです。